Top > カードローン・分割払い・リボ払いの違い

カードローン・分割払い・リボ払いの違い

カードローンというのは、簡単にいうとお金を借りる方法のひとつです。
ローン会社との取り決めで決めた、毎月返済すべき最低金額を毎月返済するのが普通です。
どのよう支払い方法がよいか違いがあります。
分割払いやリボ払いは、普通クレジットで買い物をしたときにどのようにその代金の返済をするかという方法です。
各買い物について、6回や12回など均等に分割して支払うのを分割払いといい、各買い物ではなくそのときにクレジット会社に支払うべき金額を、毎月10000円などとクレジットカード会社と取り決めて支払うのがリボルビング方式、つまりリボ払いです。
これらのどの方式がよいかを一概に説明することはできません。
一回だけ金額の大きな買い物をする場合には、カードローンで現金を借りて買い物をする方が有利であるようです。
しかし、利息が付いても、その分、返済が長くなっても、毎月定額を払い続ける方が有利な人もいます。
ただ、リボ払いを選択すると、買い物が増えても毎月の支払いが増えないので、買い物が増えてしまう可能性が高そうです。
気になる低金利借りるNET※金利が安い!銀行カードローン徹底比較についてはこちらで書いています。

関連エントリー